精神科・心療内科・児童精神科とは

精神科・心療内科・児童精神科では、いずれも「こころの病」を扱う診療科です。 当院では、こころと体の症状を、患者さんの置かれている環境も考慮して、総合的に改善できるよう診療を行います。 必要に応じて、身体科の医師とも連携をとりながら、診療・治療を進めていきます。 ※完全予約制、第1・3木曜の16時~18時(基本は1人30分枠)

精神科

精神科では、不安や気分の落ち込み、いらいらする、落ち着かないなどの気分症状、幻聴や幻覚などの精神症状、こだわりや物忘れなどの認知症状、眠れない/寝過ぎてしまうなどの睡眠症状などが対象となります。

心療内科

心療内科では、心理的・社会的な要因(ストレスなど)から引き起こされているからだの症状(吐き気、頭痛、全身倦怠感、胃痛、過敏性腸症候群など)を対象とします。

児童精神科

児童精神科では、幼児から中学生までのお子さんの「こころの病」を扱い、不登校、ひきこもり、摂食障害、発達障害、ADHDなどを対象とします。
※学校、保育園、幼稚園などへの訪問やご相談受付も可能です。

担当医

垂水良介医師

主な所属学会・専門医

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会専門医
  • 日本児童精神医学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本精神神経学会
  • 日本児童精神医学会
  • 日本統合失調症学会

このような症状はご相談ください

  • いらいらする、落ち着かないことがある
  • 落ち込みや、気分がふさぐことがある
  • これまで楽しんでいた趣味や活動に興味がなくなる
  • 食欲がなくなる、または異常に食べ過ぎてしまう
  • 実際には存在しないはずの物・人が見えたり、聞こえたり、感じたりする
  • 寝つきが悪い、または異常な眠気により日中も寝てばかりいる
  • 身体を動かしていないのに疲れやすい
  • 集中力が落ちたり、学校の成績が悪くなった
  • 不登校、ひきこもりが続いている
  • パニックを起こしやすい、集団行動が苦手
  • 自分を傷つけてしまったり、「自分はいないほうが良い」と考えてしまう
  • 頭痛、めまい、倦怠感、吐き気、腹痛、便秘、下痢などが、心理的・社会的な要因(ストレスなど)に関係して起こっていると考えられる

精神科で扱う疾患

  • 不眠症
  • 統合失調症
  • 気分障害(躁うつ病、うつ病)
  • 不安障害
  • 身体表現性障害
  • 睡眠障害
  • 認知症
  • 高次脳機能障害に伴う精神症状 など

心療内科で扱う疾患

  • 頭痛
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 過敏性腸症候群
  • 自律神経失調症 など

児童精神科で扱う疾患

  • 不安障害
  • うつ病
  • 摂食障害
  • 注意欠陥/多動症(ADHD)
  • 自閉スペクトラム症
  • チック症
  • 強迫性障害
  • 転換性障害
  • 解離性障害
  • 心的外傷後ストレス障害
  • 児童期の統合失調症 など