消化科とは

消化器のイメージ写真

消化器科では、食べ物の通り道である消化管(食道、胃、小腸、大腸など)と、食べ物の消化に関わる臓器(肝臓、胆嚢、膵臓 など)を中心に、これらに現れる症状や病気を診療します。

急性の消化器症状として、腹痛、嘔吐・吐き気、下痢などがみられる場合は、ウイルスや細菌による感染性腸炎なのか、食生活やお薬が影響しているのか、消化管・肝臓・胆嚢・膵臓の病気が原因なのか、などの可能性を考慮しながら診療します。
そのほかにも度々繰り返す便秘や、潰瘍性大腸炎など慢性の消化器症状でお悩みの場合もご相談ください。

以下の症状に心当たりがあれば、一度ご受診ください(例)

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 便秘気味である
  • 便意が突然襲ってくる
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など